10/17
初日 自宅→早稲田→神奈川県相模原市 59.66km

やはり病み付きになってしまったようで、早くもツーリング第2弾への運びとなってしまった。5日目に桑名、11日目に福山で仕事があるので、その合間をぬって走ろうと言う魂胆である。甲州街道で信号待ちをしていると、自転車マナー向上のキャンペーン中らしくピーポ君リフレクターとティッシュを配っていた。嬉しいんだけど、スポーツチャリにこれつけるのは結構勇気がいるのですが…。
当初、40kmくらい走って、健康ランド泊の予定だったのだが、もう少し走っておきたくなり、急遽相模原まで。健康ランドは予約を入れていたわけでもなんでもないので、予定変更に関わる手続きと言えば、相模原の宿を取れば良いだけ。ルートインにお世話になった。いきなり25時到着なんて事をやってしまったため、翌日は寝坊する羽目になったが、そんな日があっても良いでしょう。

10/18
2日目 神奈川県相模原市→静岡県富士市 105.84km

チェックインが遅かったこともあり、結局寝たのは27時。旅は始まったばかり。この段階で遅れを取りたくない。無理矢理7時に起床、何も考えずまっすぐ大浴場へ。朝長湯すると疲れてしまうので、身体を温める程度に。
そそくさと朝食をいただき、出発。
間もなく静岡県入りする。R469は裾野、陸上自衛隊演習場の辺りを通る。銃声が鳴り響いていた。そのあたりはどこまで行ってもすすきが広がる地帯。金色に輝くすすきの美しさにため息をつきながら漕ぎ続けた。が、ため息をつけたのはここまで。この後はとてもじゃないがため息に使う息は残されていなかった。
本日のコースは、予想通りきつかった。何キロも続くヒルクライムもダウンヒルも。特にダウンヒルは恐怖との戦いだった。ヒルクライムは自分のペースを崩さなければ何とかなることが分かり、少しだけ自信がついた気がする。実際は知らないが、かなり高い所まで登ったんじゃないかなあ。

ダウンヒルは延々と続いた。楽しいと言えば楽しいかもしれない。しかし、自分にとっては恐怖の連続だった。きつい下り+長距離+尽きる事なく次々に迫って来る来る大型トラック。宿に着く頃には左手がしびれて大ざっぱな動きしか出来なくなっていた。絶対にピアノなんか弾けない状態。
だって、絶対変。コンビニ休憩しているとき目に入った看板が、店の場所を前後左右と言う2次元ではなく、上下という3次元で言い表しているんだもん(笑)。富士市周辺はとても印象に残ることになった。

10/19
3日目 静岡県富士市→静岡県浜松市 165.96km

ひたすらR1を西へ。写真のように自転車進入禁止になっている所は並走して走りやすい道が。歩道がある場所は道幅も広く、継ぎ目がなくて走りやすい。車道を走っていても、大抵路側帯が広くてストレスなく走ることが出来た。

今年の1月、1ヶ月間名古屋で生活していたのだが、普通免許を取ってから2ヶ月ちょい、チャリを始めてから半年ちょい、どちらも面白くて仕方がない時期だったもんだから、どちらも持参して名古屋生活を送ることになった。休みが1日あったので浜名湖に輪行することにしたのだが、自動車歴2ヶ月だと、とっさにどこかに駐車する事も高度な技術だったりして(笑)、結局浜名湖周辺をドライブした後、道の駅を見つけるまでどこにも駐停車出来ずに、ホテルに帰った思い出がある。
今回はしっかりと浜名湖周辺を走ることが出来た。が、しかし、浜名湖に着く頃にはとっくに日が暮れていたのだった。またしても詰めが甘かった…。

途中R416を走っているときの風景。すぐ横は崖、その下には美しい海が。このような状態は始めての経験だったので感動した。怖いけれど、幸せだった。

10/20
4日目 静岡県浜松市→三重県桑名市 117.42km

午前中はずっと雨。せっかく拭いたチャリもすぐに泥まみれ。静岡県から愛知県を通り三重県へ抜ける。1月に走っていた名古屋周辺も通ったのだが、意外と道を覚えていた。ただし、その一瞬だけ。他の地域は相変わらず迷いながら進むことになる。

お久しぶり、庄内川。そして走るのは始めてだったよね?木曽川(写真は庄内川)。昨日までと比べて、かなりゆっくりなペースで進んだので、またしても到着は夜、結構な時間帯になった。
今日は仲間と合流することになっている。皆、横浜からバスでやってくるのだ。明日は久々の仕事なのである。ホテルに着いてみると、トランポチーム(機材車)が到着していた。自分が到着し、裏口から屋内にチャリを移動している最中にバス組も到着。再会を喜ぶ。って、テンションが高かったのはアドベンチャーな日々を送っていた自分だけだが…。

洗濯をしつつ、大浴場で足を伸ばし、ビールを買い込んで部屋に入る。冷蔵庫ではジョッキが冷えていた。これは相当ポイントが高い。このような心遣いがあるホテルは、例え他がどれだけ駄目でも許せちゃう。あ、ちなみに、こちらのホテルは全く駄目じゃありませんでした。とっても良かったです。だって、まずチャリを屋根の下に、鍵のかかる所に置かせてくれたし。「ビジネスホテルビーエル」さん、またお邪魔しますね^^

10/21
5日目 三重県桑名市→岐阜県大垣市 41.10km (地図上で算出)

昼過ぎまでは、お仕事。地元の高校にて芸術鑑賞会。
本日のルートの8割がたは路側帯が20cm程度だったのではなかろうか。さすがに大垣に入ると走りやすくなったが。夕方には大垣入りしたので、大垣城の周りを観光してみた。「美濃路」「四季の路」と謳われ、非常に美しく整備されていた。今まで仕事で訪れる事は何度かあったが、こうしてゆっくり散策するのは初めて。今まで旅仕事を始めてから約10年。色々なものを見る/知るチャンスを無駄にしていたんだろうなと感じる。もっとも、仕事を優先するのは当たり前だが、それにしても、もったいない。

この辺で筋肉を休めておこう+スケジュールに余裕を持たせておこうと思い、移動距離を短くしておいたのだが、これが大正解だった。途中サイコンが動かなくなり、断線を発見。時間に余裕があったので、新しいものに取り替えることが出来た。7月に、ガソリンスタンドに入ろうとした左折車に巻き込まれる事故に遭っているのだが、その時に弱まってしまったものと思われる。高いものでもないし、今更請求する気にもならない。でも、事故にだけは気をつけましょう(・ω・)ノ

to volume 2